有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

アイテムで探す

ロングセラーシリーズ

窯元

  • 渓山窯
  • そうた窯

作家

  • 作家横石臥牛
  • 作家馬場真右衛門

価格で探す

  • 1,000円未満
  • 1,000円~2,999円
  • 3,000円~4,999円
  • 5,000円~7,999円
  • 8,000円~9,999円
  • 10,000円~14,999円
  • 15,000円~19,999円
  • 20,000円以上
引き出物

お問い合わせ

商品やご購入について、質問、
不明な点等がございましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ
shop@shobido-honten.com
お電話でのお問い合わせ
0955-42-2261
賞美堂本店オフィシャルサイト
引き出物

有田焼についてページ

トップ > 有田焼について

有田焼について
400年以上の歴史を持つ有田焼
有田焼は日本で最初に誕生した磁器。その特徴は白磁の素地と、情感漂う染付や美しい色絵といった多彩な絵付けにあります。17世紀に入ると、有田で生産された焼物はオランダ東インド会社によって伊万里港からヨーロッパへと輸出されました。“Imari”という名で王侯貴族たちを魅了した有田焼は、やがて憧れの対象となり、西洋の磁器文化に大きな影響を与えていくのです。当時の文様は古伊万里様式と呼ばれ、今なお世界中の愛好家から高く支持されています。
有田焼について
肥前窯業圏・有田焼について
有田焼について
佐賀県有田町、隣接する長崎県波佐見町、この辺り一帯は肥前窯業圏として、それぞれの歴史と文化を築いてきました。通常、有田町を中心に焼かれた磁器を有田焼、波佐見町で焼かれた磁器を波佐見焼と呼びます。波佐見焼は“くらわんか碗”で象徴されるように日用食器として作られ、有田焼は「柿右衛門様式」や「鍋島様式」など独自の表現法を生み出し、国内外に大きな影響を与えました。有田、三川内、波佐見などで焼かれた肥前の磁器は、積み出しが伊万里港からなされていたことから伊万里焼とも呼ばれています。
海を越え人々の心を魅了してきた名品たち
佐賀県有田町、隣接する長崎県波佐見町、この辺り一帯は肥前窯業圏として、それぞれの歴史と文化を築いてきました。通常、有田町を中心に焼かれた磁器を有田焼、波佐見町で焼かれた磁器を波佐見焼と呼びます。波佐見焼は“くらわんか碗”で象徴されるように日用食器として作られ、有田焼は「柿右衛門様式」や「鍋島様式」など独自の表現法を生み出し、国内外に大きな影響を与えました。有田、三川内、波佐見などで焼かれた肥前の磁器は、積み出しが伊万里港からなされていたことから伊万里焼とも呼ばれています。
有田焼について
先人たちの偉業に想いを馳せながら、賞美堂では数千点にも及ぶ品々を買い戻してまいりました。 里帰りを果たした作品は賞美堂のアートギャラリーに展示し、販売も行なっております。
有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ